忍者ブログ
HOME > 創作 > 新人賞応募原稿を改稿中 RSS   Admin NewEntry Comment
少しイカレてるくらいがちょうどいい
こんばんは、川住河住です。

創作関連の記事なのでペンネームでごあいさつさせていただきます。

読み方は「カワズミカズミ」です。

新人賞応募原稿を執筆中にインフルエンザにかかってしまいましたが、なんとか一月末までに完成させることができました。

今は友人知人やネットで知り合った方々に応募原稿を読んで批評していただいています。

いわゆる「下読み」です。

その際、お世辞でほめない、お金を払う価値があるかどうか、細かいところまで厳しく批評をお願いしました。

誰しも貶されるよりもほめられたいものです。

私も貶されるよりほめられる方がうれしいです。

しかし、創作については別です。

演劇脚本でも小説でも厳しく批評してもらいたいと思っています。

「つまらない」「おもしろくない」「ストーリーがありきたり」「キャラクターの掘り下げが浅い」など、なんでもアリです。

お世辞で無理にほめられても作品も良くなりませんし作者自身も成長しません。

現在も私の心をへし折るような厳しい批評メールが届きます。

私の心はすでにボロボロです。

しかし、作品のおもしろさを読者に伝えられなかった作者がいけないのです。

もっと上手くもっとおもしろい作品を書けるようになります。

拍手[2回]

PR
postこの記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
強いですね。わたしだったら、厳しく批評されたら萎縮してしばらく引きずりそうです。
実際ずいぶん厳しく言われているようですが、それは的を得ていると思われますか?だとしたらどうしたら改善されるでしょうか?
紅玉 URL 2019/02/15(Fri)18:20:48 編集
無題
紅玉さん

こんばんは。ご訪問、コメントありがとうございます。
私も自作を厳しく言われるのはへこみますね。
しっかり書いたつもりでも読者に伝わっていなかったとしたら私の作者の責任だと思います。
指摘の内容にもよりますが、わかりやすく描写したりエピソードを濃くしたりします。あとは構成や変えるなどでしょうか。
three 2019/02/15(Fri)22:04:44 編集
[1502]  [1501]  [1500]  [1499]  [1498]  [1497]  [1496]  [1495]  [1494]  [1493]  [1492
カテゴリー
カウンター
人気ブログランキング

日本ブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
最新CM
[04/12 three]
[04/12 紅玉]
[03/08 three]
[03/08 紅玉]
[02/15 three]
[02/15 紅玉]
[01/22 three]
[01/22 three]
[01/21 紅玉]
[01/21 紅玉]
プロフィール
HN:
three
趣味:
本、音楽、映画、格闘技
アーカイブ
NINJA
120%CRAAZY Produced by three
日めくりカレンダーBLUE Designed by がりんぺいろ
忍者ブログ [PR]