忍者ブログ
HOME > 創作 > 第10回GA文庫大賞(後期)結果発表 RSS   Admin NewEntry Comment
少しイカレてるくらいがちょうどいい
こんばんは、threeです。

昨年の11月くらいに応募していた新人賞の選考結果が出ていました。

第10回GA文庫大賞(後期)一次選考落選でした。

この結果を見て、特に何も思いませんでした。

思うことがあるとすれば、当然の結果だなぁ、ということくらいです。

見栄でも何でもなく、悔しいとか悲しいといった感情がわかないのが逆に辛いです。

執筆中も完成後も応募前後も、一度も自分が書いたものに対して「おもしろい」と思えない作品だったからです。

むしろ苦痛しか感じられない作品でした。

あまり自分の書いたものを悪く言いたくないのですが、いわゆる『駄作』です。

書いた本人さえ『駄作』と感じてしまうような作品を送ってしまって申し訳ありません、と出版社の方に土下座したい気持ちでいっぱいです。

もう二度とあんな作品は書きたくないです。

書いても書いても楽しくないおもしろくないもうやめたい、という気持ちしかわきませんでした。

ジャンルを問わず何かを作っている人(創作者)の多くは「つまらない病」を発症すると聞きます。

「これ、本当におもしろいのかな」「自分だけが楽しくて他の人にはつまらないのでは」と不安になる病のことです。

その病気を発症して作品を完成させられず、途中でやめてしまった人をたくさん見てきました。

第10回GA文庫大賞(後期)に応募する作品を書いている間、私もそれに発症しました。

今までにも何度も発症しているので対処法は知っています。

つまらないおもしろくない楽しくない、といった不安を無視して作品を完成させればいいのです。

他人がその作品を見てどう感じるかなんて完成品を見せなければわかりません。

完成する前から他者の評価を気にすることないです。

そんなものは作品を完成させて他者の目に触れられるようになってから気にしましょう。

これはあくまで私なりのやり方です。他者の理解共感が得られるかどうかはわかりません。

人それぞれ創作の手法が違うように、つまらない病を発症した時の対処法も異なると思います。

ただ、今回だけは違いました。

何千字、何万字、何ページ書いても楽しくないですし、おもしろくないですし、つまらないのです。

プロット通りに書き進めているはずなのに、全くおもしろいと感じられませんでした。

そして〆切前に作品が完成してから何度も推敲しましたが、やはりおもしろくなかったです。

それでも完成したのだから応募しました。

しかし、すでに送る前から「こんな駄作では一次選考も通過できない」と諦めていました。

もしかしたら、とか、万が一、といった希望は一切抱きませんでした。

一次選考落選は当然です。

今回の件を強く反省して次の作品作りに活かしたいと思います。

自分が楽しいおもしろいと思えないものを書かないようにがんばります。

現在も新人賞応募作品を執筆中です。

これはつまらない病を発症することなく、楽しいおもしろいと感じながら書いています。

まあ、自分がおもしろいと思っているだけで他の人にはどう感じるかわかりません。

それでもしっかりと完成させて、きっちり〆切前に新人賞へ応募しようと思います。


ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン

拍手[5回]

PR
postこの記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
自分で書いてておもしろくない病。周りの目は気にせず!それわかります、わたしもですから。
特に「あれ描いてよ無料で」的な図々しいリクエストの時はめっちゃおもしろくないです。
そういう時ってひどい仕上がりになるんですが、図々しい人にはそれで十分ですのでそのままアップします。描いてる時の気分最悪。
こんなもん誰も見向きもしねーよと思いながら無理して描くんです。

なんだか小説も絵も似たところがあるんですね。
「ヒャッハー超たーのしーい!!」とハイテンションで描いたやつは、どんなにぐちゃぐちゃでも案外高評価だったりするんですよ。伝わるんですかねw

めげることなく新しいのを執筆中なのですね。
さすがです。わたしなど疲れたら平気で何ヶ月も休みます(駄目)まだまだ寒いので、お体に気をつけて!
紅玉 2018/02/16(Fri)20:59:23 編集
無題
紅玉さん

こんばんは。
やはり絵や漫画を描く人も同じですか。
自分のやる気の高さ低さは、作品にも影響を及ぼしますよね。

GA文庫大賞に送った直後は、こんな駄作を書いてしまった、と日々悶々と過ごしていました。しかし、いつまでもそんなことをしていても技術は上がりませんし、駄作を書いてしまった事実も消えません。何より別の新人賞の〆切が迫っている以上、書かないわけにはいきませんから。

ありがとうございます。紅玉さんもお体にお気をつけてお過ごしください
three 2018/02/17(Sat)21:12:28 編集
[1474]  [1473]  [1472]  [1471]  [1470]  [1469]  [1468]  [1467]  [1466]  [1465]  [1464
カテゴリー
カウンター
人気ブログランキング

日本ブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
brogram
blogramのブログランキング
最新CM
[07/12 three]
[07/12 紅玉]
[06/28 three]
[06/28 紅玉]
[05/29 three]
[05/28 紅玉]
[05/28 three]
[05/27 u-mi]
[05/10 three]
[05/07 紅玉]
プロフィール
HN:
three
趣味:
本、音楽、映画、格闘技
アーカイブ
NINJA
120%CRAAZY Produced by three
日めくりカレンダーBLUE Designed by がりんぺいろ
忍者ブログ [PR]