忍者ブログ
HOME > 雑記 > 拙作『かつての神童』について4 RSS   Admin NewEntry Comment
少しイカレてるくらいがちょうどいい
  • 2017.10≪
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • ≫ 2017.12
とても楽しい公演からしばらく経ちました。

そんなある日、演劇ユニット+'S(プラスエス)様からメールが届きました。

メールを開いて読むとそれは、公演に来てくださったお客様に記入をお願いしていた会場アンケートをまとめたものでした。

拙作『かつての神童』に関するご意見・ご感想です。

作品を観ていただいただけでなく、ご意見ご感想までいただけるなんて……。

本当にありがとうございます。

さて、素人の私が書いた『かつての神童』の評価は……。







作品が良かった、というご感想を多数いただきました

どうやら好評だったようです。

ありがとうございます。

とても嬉しいです。

今回私は『かつての神童』という題名から連想した物語を書き上げた、と言いました。

これは嘘ではありません。

本当です。

私が書きたいことを、私の好きなように、書いたということも嘘ではありません。

本当です。

ただ、それ以外にも脚本を書く時に意識していたことがあります。

それは、舞台好きや芝居好き、演劇関係者の心に刺さりそうな話を書くということです。

素人が何を言っているんだと思われても仕方ありません。

それでも私は、時間と金を無駄にしたと思わせない、楽しい、おもしろい話を書きたいです。

お客様はわざわざ予定を空けて、決して安いとは言えないチケットを買い、どんな出来か分からない舞台を見に来るのですから。

せめてチケット代分は満足してお帰りいただきたいです。

チケットを買って損した、時間を無駄にした、と感じてお帰りいただきたくありません。

観客の心に刺さったかどうか分からなくて不安でしたが、好意的なご感想をいただけてホッとしました。

私が「おもしろい」と思って書いたことに、多くの方に共感していただだけて嬉しいです。

しかし、否定的なご意見ご感想もいただきました。

「前半の盛り上がりが欠ける」

「〇〇が出てくるまでがフリになってしまっている」

「説明臭い」

『かつての神童』を書き上げた時に自分も同じことを感じていました。

書き慣れている小説とは違い、脚本には地の文がありません。

そのため台詞が無駄に多くなったり長くなったり説明的になってしまいました。

できるだけ自然な流れや台詞回しになるよう意識して書きましたが、私の技術と力が不足していました。

大変申し訳ありません。

自分でも「ダメだなぁ」と思っていたことは観客の方にも伝わりますね。

私が公演を見に行った日、隣に座っていたお客様が上演中に居眠りをされていました。

拙作『かつての神童』が上演されている時のことです。

おもしろくない、楽しくない、見る価値がない、と言われているような気分になりました。

辛かったです。

悔しかったです。

けれどそれ以上に、申し訳なかったです。

居眠りしてしまうほどつまらない作品を書いてしまったのですから。

深く反省しています。

それらの反省点を忘れず、次はもっとおもしろいお話を書きます。

まあ本音を言わせてもらうと、このまま永遠に眠らせてやろうか、とも思いました(・∀・)アハハ

もし次の作品も観ていただけるなら、次は眠気をふっ飛ばすほどおもしろいものを書きます。


ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタンTwitterボタン

拍手[6回]

PR
postこの記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
紙の上に並んだ文字列が、生きた人の声や動き・舞台装置により立体化する。なんて凄いことでしょう。
想像もつかない世界でのご活躍、本当にお疲れさまでした。

threeさんはきちんと反省もなさって、原因の解析まで行っておられるのですね。わたしなど時間が経ってから「アッー!」と気づく有様です。

客席で寝ちゃうのはマナー違反だと思います^^;
永遠にお寝みいただくのもアリでしょうが、面白すぎておトイレ行く間も与えない刑に処するのもまた楽しそうだと思いませんか。
次にご来場いただく時には寝るどころかおめめ釘付けになる事請け合いでございますw
紅玉 2017/09/06(Wed)16:10:36 編集
無題
紅玉さん

こんばんは。
ご訪問、コメントありがとうございます。これまでも告知記事やお祝い応援コメントありがとうございました。

以前、紅玉さんがおっしゃっていた「自分で作った物語が、命を吹き込まれ躍動する」という言葉通りですね。自分が書いた物語なのに、他の人の手が加わることで想像もつかない形になって目の前にできました。

悪いところに気づいているのに修正しないで上演してしまったので、観客の方に指摘されてしまっているようではダメです。

マナー違反だとは思うのですが、いびきをかいたり寝言を言ったりしていないだけ、まだ良いかと思います。ええ、次こそはお目目釘付けにするほどおもしろいものを書き上げて見せます。
three 2017/09/07(Thu)23:10:37 編集
[1457]  [1456]  [1455]  [1454]  [1453]  [1452]  [1451]  [1450]  [1449]  [1448]  [1447
カテゴリー
言ってはいけない 残酷すぎる真実
ブラック企業から残業代を取り戻す
進め!! 東大ブラック企業探偵団
不死の猟犬
ひらめき教室 「弱者」のための仕事論
作家の収支
残業税
江戸の少年
「好き嫌い」と才能
ゴールデンカムイ
小説 君の名は。
いなくなれ、群青
七日の喰い神
ボーパルバニー
アーカイブ
アルファポリス
カウンター
人気ブログランキング

日本ブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
brogram
blogramのブログランキング
最新CM
[11/15 本が好き!運営担当]
[11/02 three]
[11/01 紅玉]
[10/20 three]
[10/20 紅玉]
[10/19 three]
[10/19 moon]
[10/10 three]
[10/10 紅玉]
[09/07 three]
TSUTAYAonline
ブックオフオンライン
ブックオフオンライン
プロフィール
HN:
three
趣味:
本、音楽、映画、格闘技
おすすめ商品
おすすめ商品
おすすめ商品
おすすめ商品
バーコード
NINJA
120%CRAAZY Produced by three
日めくりカレンダーBLUE Designed by がりんぺいろ
忍者ブログ [PR]