忍者ブログ
HOME > 創作 > 拙作『かつての神童』について3 RSS   Admin NewEntry Comment
少しイカレてるくらいがちょうどいい
役者さんが脚本・演出を担当した演目『寄憶』が終わり、会場は拍手に包まれました。

テーマ『オカルト』にピッタリの不思議で不気味なお話でした。

会場は照明が落とされて暗くなります。

その間に舞台のセットが片づけられます。

それから私が書いた脚本『かつての神童』が上演されました。

私が考えた登場人物を役者さんが演じ、私が考えた台詞を話し、私が考えた物語が進行していきます。

次にどんな台詞を話すか、どんな展開になるか、どんな結末を迎えるのか、全て知っています。

私が書いたのですから当然です。

しかし、早く先を見たくて仕方ありませんでした。

役者さんがどんな表情を見せるのか、どんな口調で話すのか、どんな動きを見せるのか、気になって仕方ありません。

観ているだけで楽しくて、嬉しくて、おもしろくて、気分が高揚していきます。

前回は脚本原案(小説)、今回は脚本、それぞれ提供して舞台化していただいています。

それらの演劇を観て思ったことは、小説執筆は個人作業で、脚本執筆は共同作業ということです。

私は小説も脚本もパソコンを使って文字を打ち込んで書いています。

そして始めから終りまで書き上げます。

小説は書きあげたらそこで完成だと思います。
※あくまで個人的意見です。その後も色々ありますが、ひとまず完成、程度に思ってください。

しかし脚本は違います。

書き上げた脚本は役者さんの手に渡り、稽古を重ねて台詞や流れを覚え、演出を加えていきます。

また、芝居を盛り上げるための音響や照明を担当される裏方さんも欠かせない存在です。

そして舞台で観客に披露し、そこで初めて完成だと思います。
※あくまで個人的意見です。演劇知識ほぼ皆無の素人意見です。

舞台上で最後の台詞が役者さんの口から発せられました。

そこでようやく――『かつての神童』は完成したのです。

短いような長いような、とても素晴らしい時間を過ごすことができました。

本当にありがとうございます。

すみません、まだ続きます。


ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタンTwitterボタン

拍手[4回]

PR
postこの記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
[1456]  [1455]  [1454]  [1453]  [1452]  [1451]  [1450]  [1449]  [1448]  [1447]  [1446
カテゴリー
カウンター
人気ブログランキング

日本ブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
brogram
blogramのブログランキング
最新CM
[02/17 three]
[02/17 three]
[02/16 紅玉]
[02/16 紅玉]
[02/07 three]
[02/06 紅玉]
[01/24 three]
[01/24 紅玉]
[01/10 three]
[01/09 紅玉]
プロフィール
HN:
three
趣味:
本、音楽、映画、格闘技
アーカイブ
NINJA
120%CRAAZY Produced by three
日めくりカレンダーBLUE Designed by がりんぺいろ
忍者ブログ [PR]