忍者ブログ
HOME > その他:ま行の作家さん > 本『ビブリア古書堂の事件手帖~栞子さんと奇妙な客人たち~』 三上延 RSS   Admin NewEntry Comment
少しイカレてるくらいがちょうどいい
『ビブリア古書堂の事件手帖~栞子さんと奇妙な客人たち~』 三上延 メディアワークス文庫 

不思議な事件を呼び込むのは一冊の古書。



主人公・五浦大輔。

大学を卒業して今年で二十三歳、就職活動中。

小さい頃に祖母の部屋に勝手に入り、本を触ったことで殴られるほど怒られたことをきっかけに本を読むことができなくなった。

本を開くと胸の鼓動が高くなり、手のひらに汗をかき、しまいには気分が悪くなってくる。

恐怖症といってもいいかもしれない。

その祖母が亡くなって一年あまり後、大輔は大船の実家で祖母の遺した古書を整理していた。

その中の一冊、夏目漱石『それから』の中に夏目漱石のサインを見つける。

本物か偽物か判断するため、彼は北鎌倉駅近くにある古書店のことを思い出す。

かつて見かけた美しい女性に会いたいという想いもあり、そこに本を持って行くことにした。

鎌倉の片隅でひっそりと営業している古本屋「ビブリア古書堂」。

しかし店長はケガで入院中、本の買い取り依頼なら直接病院に行ってほしいということだった。

その言葉に従って大輔が病室に向かうと、髪の長い女性が眠りこけていた。

古本屋のイメージに合わない若くてキレイな女性店主、篠川栞子。

残念なのは、初対面の人間とはまともに口をきけないほどの人見知り。

接客業を営む者として少し心配になる女性だった。

しかし古書の知識は並大抵ではなく、本のことになると途端に饒舌に語ることができる。

本に対して人一倍の情熱を燃やす彼女のもとには、いわくつきの古書が持ち込まれることも。

彼女は古書にまつわる謎と秘密を、まるで見てきてかのように解き明かしていく。

これは“古書と秘密”の物語。

ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタンブログランキングTwitterボタン

鎌倉の片隅でひっそりと営業している古書店を舞台にした日常ミステリ短編。

日常ミステリということを考慮しても物足りない謎。

最後のお話に関してはミステリというかサスペンスだった。

全体的にご都合主義展開。

オタク受けしそうな清楚系巨乳ヒロイン。

作者の筆力不足だと設定とイラストだけで萌えさせるしかできないの?

どの話も古書をテーマに書かれているが、日常の謎についても古書の内容をそのまま扱うのでオチがわかりやすい。

不倫相手との間にできた娘の息子に「ダイスケ」と名付け、ニヤニヤしているクソババアが胸糞悪かった。

この本を貸してくれた友人は「本当に愛した人との間にできた唯一の繋がりなんだよ! そんなこと言うなんてひどい!」と言っていた。

本当に愛してたって言っても浮気は浮気だよね?

本当に愛してたなら夫と別れてから付き合えよ。

それが無理なら浮気相手と子どもなんて作るなよ。

拍手[0回]

PR
postこの記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
[1116]  [1115]  [1144]  [1114]  [1113]  [1112]  [1110]  [1109]  [1108]  [1107]  [1106
カテゴリー
言ってはいけない 残酷すぎる真実
ブラック企業から残業代を取り戻す
進め!! 東大ブラック企業探偵団
不死の猟犬
ひらめき教室 「弱者」のための仕事論
作家の収支
残業税
江戸の少年
「好き嫌い」と才能
ゴールデンカムイ
小説 君の名は。
いなくなれ、群青
七日の喰い神
ボーパルバニー
アーカイブ
アルファポリス
カウンター
人気ブログランキング

日本ブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
brogram
blogramのブログランキング
最新CM
[09/07 three]
[09/06 紅玉]
[08/31 three]
[08/31 紅玉]
[08/30 three]
[08/30 紅玉]
[08/30 three]
[08/28 名無し]
[08/06 three]
[08/04 シャイン]
TSUTAYAonline
ブックオフオンライン
ブックオフオンライン
プロフィール
HN:
three
趣味:
本、音楽、映画、格闘技
おすすめ商品
おすすめ商品
おすすめ商品
おすすめ商品
バーコード
NINJA
120%CRAAZY Produced by three
日めくりカレンダーBLUE Designed by がりんぺいろ
忍者ブログ [PR]