忍者ブログ
HOME > 大沼紀子 > 本『真夜中のパン屋さん 午前1時の恋泥棒』 大沼紀子 RSS   Admin NewEntry Comment
少しイカレてるくらいがちょうどいい
  • 2017.10≪
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • ≫ 2017.12
『真夜中のパン屋さん 午前1時の恋泥棒』 大沼紀子 ポプラ文庫

“まよパン”シリーズ第二弾!!




舞台は東京都世田谷区三軒茶屋――。

そのパン屋は駅から少し離れた、住宅街の手前あたりにポツンとある。

お店の名前はブランジェリークレバヤシ、フランス語でパン屋クレバヤシという意味だ。

一風変わったそのパン屋の営業時間は、午後二十三時から午前二十九時。

真夜中の間だけ営業しているパン屋である。

その店を切り盛りするのは二人の男。

柔和な雰囲気を漂わせている眼鏡をかけたオーナー、暮林陽介。

整った顔立ちと素晴らしいパン制作技術を持つ超自信家のブランジェ、柳弘基。

半年前から始めたそのパン屋の来客者はまだ多くないが、閑古鳥が鳴くほどでもない。

彼らの願いはただ一つ。

うまいパンが、全人類に行き渡りますように――。

そんな不思議なパン屋にやってきたのは美人で怪しい女性、由井佳乃。

柳弘基の元カノと名乗るその人は、行くところがないから住まわせてほしいと言ってきた。

弘基も居候女子高生の篠崎希実も反対するが、お人よしのオーナー暮林は快く了承する。

心根は怪しいが明るく優しい佳乃は、店で働き始めるとすぐに人気者となった。

彼女のおかげで常連客は増えたが、休日にはその客たちとデートをしているようだ。

そんなある日、希実は彼女の鞄から数え切れないほどの大金を見つける。

しかも店の周りでは佳乃を捜しているという怪しい男たちまで現れ始める。

彼女の正体は――結婚詐欺師だったのだ。

つづきはネタバレ注意。

本『真夜中のパン屋さん 午前0時のレシピ』 大沼紀子

本『真夜中のパン屋さん 午前1時の恋泥棒』 大沼紀子

ブログランキング・にほんブログ村へblogram投票ボタンブログランキングTwitterボタン



深夜営業の変わったパン屋の店員たちとそこにやってくる変わった客たちの物語の第二弾です。

第一弾がおもしろかったので期待して読みました。

前作では連作短編でしたが、今作では長編で一つのお話をやっていきます。

訳あって結婚詐欺をする恋泥棒を救う話です。

この作者、長編は苦手なのでしょうか。

私は第二弾が面白いと思えませんでした。

この作品の登場人物は全員、例外なく重く暗い過去を抱えています。

それは、今作から登場する恋泥棒も同様です。
(ちなみに、恋泥棒は一卵性双生児の姉・綾乃と妹・佳乃です)
(店に来たのは佳乃の名を騙った綾乃で、結婚詐欺を続ける妹を止めるためにやってきました)

前作では気になりませんでしたが、今作では不幸な境遇のキャラばかりで面倒くさいと感じてしまいました。

不幸だけどがんばって生きています、と不幸自慢でもしたいのでしょうかこの人達。

もう一つ気になったのは、救われる人と救われない人の差が激しすぎます。

主人公側の人間(パン屋関係者)に都合のいい展開、私達だけ幸せならええじゃないか展開というべきでしょうか。

恋泥棒の不幸な過去は確かに同情します。

元お嬢様、恋人は実姉に寝取られ、一家離散、父親失踪、母親が死亡、詐欺被害(犯人は実父)、婚約解消。

よくもまあここまで大量な不幸要素を集めて一人の登場人物に背負わせたものです。

作者は、この作品をどろどろな昼ドラ路線に持っていきたいのかと疑いたくなりました。

物語終盤で恋泥棒が結婚詐欺をする目的が明らかになりました。

家族で住んでいたマンションを買い戻すことで、家族で幸せに暮らしていた頃の自分に戻るという身勝手な理由です。

もちろん、パン屋メンバーも同じように反論します。

残り少ないページで、重く暗い過去を持つ恋泥棒をどのように救うのか、気になるところです。

しかしそこに過去に騙され、ストーカーと化していた男が現れます。

スト男「俺の元に帰ってこい。マンションなら俺が買ってやる。お前は俺の嫁なんだからな」

パン屋「俺の女に触るな!」

え、何言ってんのこいつ。

パン屋「恋泥棒は俺の嫁。婚姻届も書いてあるし、婚約指輪もあるから(ドヤァ」

スト男「え? え?」

そのままストーカー退場。

恋泥棒は乱暴な解決方法に呆れながらも温かいパンを食べてホッとする。

その後、恋泥棒は自首をしました。

おそらく被害者たちは泣き寝入りでしょう。

別のパン屋関係者が「今度は俺がアイツ(恋泥棒)を救ってみせる」と言いました。

え、何をいい話にまとめようとしてんのこいつら。

このように主人公側の人間(パン屋関係者)に「都合のいい・優しい・幸せ」世界が形成されています。

他の人達が不幸でも私達が幸せならそれでいいじゃーん、なのです。

作中であったお話を要約して紹介します。

『人助けは不毛なものなんじゃないか。

川で溺れている者にもうすぐ雨が降るから傘をどうぞ、と差しだすような。

しかし、それでも傘を差し出すことは悪いことではない。

間違った傘でもいい、なんの手も差し伸べないよりずっといい。

間違った傘をつかんでも川から這い上がる人がいるかもしれないから。

傘はないよりあった方がいい、たくさんの色々な傘が』

いい話のような、綺麗事のような……何だかなぁと思ってしまいます。

この物語の一番の被害者は、結婚詐欺にあった上に救いの手も差し伸べられなかった人達ですよね。

パン屋関係者は彼らのことを少しでも救おうと思ったのでしょうか。

間違った傘を渡すことは勝手ですが、渡す相手を間違えないでいただきたいです。

傘を差し伸べるなら加害者ではなく被害者に差し伸べてほしいです。

拍手[4回]

PR
postこの記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
こんにちは~(^-^)
古い記事にコメントしちゃっても大丈夫だったかな?

第2弾は・・・私もちょっと、うーん・・・と多々疑問が残りました。

双子の入れ替えとか、謎の男性とか・・・
そこがあまり、深く掘り下げられずに終わった感じもあり・・・
結婚詐欺というかなり悪質なことをしているのに、皆様あっさりと許しちゃったり、詐欺の目的もちょっと重みがたりなかったような・・・。
でも、本の厚さから考えると、こんなものかな?と、思って読みました(笑)

きれいごとで終わる内容は、きらいじゃないので、いいのですが、実際はこうはいかないよね?
という、気持ちは正直残りますね。

「傘を差し伸べる相手を間違わないで。」という言葉を拝見して、「あぁ!」と、自分の中にもやっと残ったものが落ちた感じがしました。

hiichi 2012/10/06(Sat)11:58:34 編集
無題
ひいちさん、こんにちは。

古い記事でも新しい記事でもコメントをいただけるのは嬉しいです。
やはりひいちさんも疑問を感じながらお読みになったんですね。個人的には新キャラの過去の問題よりも、のぞみやこだまの家庭問題を解決してほしいと思ってしまいました。

パン屋関係者にとっては、目の前にいない被害者よりも目の前にいる加害者(恋泥棒)の方が救う対象なんですよね。そんな人たちが傘がどうとか言っているのを見たら、思わず書いてしまいました。
three 2012/10/07(Sun)14:39:58 編集
[1087]  [1086]  [1085]  [1084]  [1082]  [1081]  [1080]  [1079]  [1078]  [1077]  [1076
カテゴリー
言ってはいけない 残酷すぎる真実
ブラック企業から残業代を取り戻す
進め!! 東大ブラック企業探偵団
不死の猟犬
ひらめき教室 「弱者」のための仕事論
作家の収支
残業税
江戸の少年
「好き嫌い」と才能
ゴールデンカムイ
小説 君の名は。
いなくなれ、群青
七日の喰い神
ボーパルバニー
アーカイブ
アルファポリス
カウンター
人気ブログランキング

日本ブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
brogram
blogramのブログランキング
最新CM
[11/15 本が好き!運営担当]
[11/02 three]
[11/01 紅玉]
[10/20 three]
[10/20 紅玉]
[10/19 three]
[10/19 moon]
[10/10 three]
[10/10 紅玉]
[09/07 three]
TSUTAYAonline
ブックオフオンライン
ブックオフオンライン
プロフィール
HN:
three
趣味:
本、音楽、映画、格闘技
おすすめ商品
おすすめ商品
おすすめ商品
おすすめ商品
バーコード
NINJA
120%CRAAZY Produced by three
日めくりカレンダーBLUE Designed by がりんぺいろ
忍者ブログ [PR]