忍者ブログ
HOME > 昔話『お菓子をくれないと○○にするぞ』 の記事 RSS   Admin NewEntry Comment
少しイカレてるくらいがちょうどいい
  • 2017.04≪
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • ≫ 2017.06
昔話『お菓子をくれないと○○にするぞ』
今日はハロウィンです。

しかし、これといってネタはありません(´・ω・`)

去年はジャック・オー・ランタンの話を書きました。

小学校の近所に住んでいるおっさんがかぼちゃをくれて、教師がそれを使ってジャック・オ・ランタンを作ろうと馬鹿な考えを起こしやがりまして、私は嫌々作りました。

そのかぼちゃが固くて固くて……。・゚・(ノД`)・゚・。

いつかおっさんの頭をジャック・オー・ランタンにしてやる

危ないことを口走りながら私はかぼちゃに刃物を突きたてていました(・∀・)クケケケ

そしてなんとか完成させて、ハロウィンを迎えました。

しかし、これといってイベント的なものはありませんでした。

ええ、だって平日ですからね。

小学生らしく小学校に行ってお勉強したり遊んだりします。

ハロウィンが終わった翌日、完成品を家に持って帰れと教師が言いました。

最悪です。

めちゃくちゃ重いです。

必ずおっさんの頭をジャック・オー・ランタンにしてやる

私と数人の友達は固く決意しました(´∀`)フハハハ

まったくコワイ世の中ですね。

それでも嫌々ながらカボチャを持って帰ることになった小学生たちです。

途中、一人の小学生が家に持って帰るのが面倒くさくなり川に捨てました。

それをたまたま見ていた別の小学生がいます。

その子は民家の庭に放り投げました。

その行動が多くの小学生たちに飛び火します。

まさに負の連鎖といったところでしょうか。

ちょっと違う気もします。

校庭、草むら、グラウンドや川沿いに大量のかぼちゃが捨てられていきました。

不気味なカボチャが大量に捨てられたその光景を見た者は、後にその光景をこう語ります。

「ハロウィンの悲劇」

もしくは

「南瓜事変」

どちらも意味が分かりません。

まあ、小学生が考えたネーミングですから。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
blogram投票ボタン ブログランキング



拍手[3回]

PR

カテゴリー
言ってはいけない 残酷すぎる真実
ブラック企業から残業代を取り戻す
進め!! 東大ブラック企業探偵団
不死の猟犬
ひらめき教室 「弱者」のための仕事論
作家の収支
残業税
江戸の少年
「好き嫌い」と才能
ゴールデンカムイ
小説 君の名は。
いなくなれ、群青
フーゾク店で彼氏はできるか?
七日の喰い神
ボーパルバニー
アーカイブ
アルファポリス
カウンター
人気ブログランキング

日本ブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
brogram
blogramのブログランキング
最新CM
[04/28 three]
[04/28 紅玉]
[04/14 three]
[04/14 紅玉]
[04/13 three]
[03/09 three]
[03/08 紅玉]
[03/03 three]
[03/02 紅玉]
[02/11 three]
TSUTAYAonline
ブックオフオンライン
ブックオフオンライン
プロフィール
HN:
three
趣味:
本、音楽、映画、格闘技
おすすめ商品
おすすめ商品
おすすめ商品
おすすめ商品
バーコード
NINJA
120%CRAAZY Produced by three
日めくりカレンダーBLUE Designed by がりんぺいろ
忍者ブログ [PR]