忍者ブログ
HOME > その他:さ行の作家さん > 本『血塗られた神話』 RSS   Admin NewEntry Comment
少しイカレてるくらいがちょうどいい
『血塗られた神話』 新堂冬樹 講談社文庫

第7回メフィスト賞受賞作。

街金融の世界で修羅を生きる著者が描く超リアルな問題作。



「悪魔」と恐れられた街金融の若き経営者・野田秋人。

野田商事には陰湿で優秀な井崎、明るく世間知らずな木田、事務の月島みどり、強面の高山が従業員として勤めている。

野田は二十六歳で会社を設立してから七年間で月商五千万円をあげるほどの会社にした。

そんな仕事一辺倒の彼だが、バー「ステンドグラス」にカクテルを飲みに行くという趣味があった。

仕事とカクテルを飲みに行く、それが野田の平穏な日常だった。

しかし、その平穏を崩す事件が起きる。

ある日、野田商事に警察の人間がやってきた。

警察の話によると野田商事から金を借りていた男が殺されたという。

野田商事では五年前に似たようなことが起こっていて、警察から疑われるのも無理なかった。

幸い、野田にはアリバイがあったので、警察からの疑いは晴れた。

警察が去った後、野田は部下に指示し、自分でも死んだ男の素生を調べてみることにする。

調べている途中で野田は見知った女性の名前を見つける。

北里京子――かつて野田秋人が愛した女性だった。

そして彼の周りで関係する人々が次々と惨殺されていく。

常軌を逸した連続猟奇殺人の目的とは!?

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
blogram投票ボタン ブログランキング

拍手[0回]

PR
postこの記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[876]  [722]  [721]  [105]  [117]  [874]  [873]  [718]  [871]  [870]  [280
カテゴリー
言ってはいけない 残酷すぎる真実
ブラック企業から残業代を取り戻す
進め!! 東大ブラック企業探偵団
不死の猟犬
ひらめき教室 「弱者」のための仕事論
作家の収支
残業税
江戸の少年
「好き嫌い」と才能
ゴールデンカムイ
小説 君の名は。
いなくなれ、群青
七日の喰い神
ボーパルバニー
アーカイブ
アルファポリス
カウンター
人気ブログランキング

日本ブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
brogram
blogramのブログランキング
最新CM
[09/07 three]
[09/06 紅玉]
[08/31 three]
[08/31 紅玉]
[08/30 three]
[08/30 紅玉]
[08/30 three]
[08/28 名無し]
[08/06 three]
[08/04 シャイン]
TSUTAYAonline
ブックオフオンライン
ブックオフオンライン
プロフィール
HN:
three
趣味:
本、音楽、映画、格闘技
おすすめ商品
おすすめ商品
おすすめ商品
おすすめ商品
バーコード
NINJA
120%CRAAZY Produced by three
日めくりカレンダーBLUE Designed by がりんぺいろ
忍者ブログ [PR]