忍者ブログ
HOME > 雑記 > 私は推薦入試一回も受けたことありません RSS   Admin NewEntry Comment
少しイカレてるくらいがちょうどいい
昔というほど昔でもないある日、どうしても野球部の部長になりたい中学二年生がいました。

その人の成績は、上から数えて十番目ぐらい。

そして生徒会の執行部に入っていました。

彼は高校に推薦で入ろうと思っていました。

彼の推薦状に書けるアピールポイントは、高い成績と執行部役員の肩書き――だけ。

それだけでもかなりのアピールポイントです。

しかし、それだけでは物足りないと考えていました。

残念ながら彼が所属している野球部は、大した成績を出していません。

それなら自分が野球部の部長になればアピールポイントが増えると考えました。

彼は部長になるために自分がやれることをたくさんしました。

毎日部活に参加して野球のスキルを上げることはもちろんのことです。

部活の帰り道、お金に余裕があるときは後輩におごってあげました。

それらのことを続けて半年ほど経ちました。

三年生が引退して二年生から部長が選出されました。



部長になったのは……別の人でした。

彼は副部長にもなれませんでした。

確かにレギュラーにはなれました。

後輩からの評価も上がりました。

しかし、後輩からはおごってくれる都合の良い先輩としか思われていませんでした。

また、同級生たちからは点数稼ぎをしていると呆れられていました。

彼は部長になることは諦めましたが勉強、生徒会の仕事、部活は真面目に続けることにしました。

その結果、推薦入試でとても偏差値の高い高校に入学することができました。


何か行動を起こさなければ何も変わらない?

努力は自分が思っていた結果になって返ってくるとは限らない?

継続は力なり?

結局、何が言いたいのでしょうね、私は(´∀`)ガンバレヨ

読んでくださってありがとうございます<(_ _)>

拍手[2回]

PR
postこの記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
[526]  [525]  [524]  [523]  [522]  [521]  [520]  [519]  [518]  [517]  [516
カテゴリー
言ってはいけない 残酷すぎる真実
ブラック企業から残業代を取り戻す
進め!! 東大ブラック企業探偵団
不死の猟犬
ひらめき教室 「弱者」のための仕事論
作家の収支
残業税
江戸の少年
「好き嫌い」と才能
ゴールデンカムイ
小説 君の名は。
いなくなれ、群青
フーゾク店で彼氏はできるか?
七日の喰い神
ボーパルバニー
アーカイブ
アルファポリス
カウンター
人気ブログランキング

日本ブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
brogram
blogramのブログランキング
最新CM
[06/10 three]
[06/08 紅玉]
[06/06 three]
[06/05 紅玉]
[06/04 three]
[06/03 moon]
[05/17 three]
[05/16 紅玉]
[04/28 three]
[04/28 紅玉]
TSUTAYAonline
ブックオフオンライン
ブックオフオンライン
プロフィール
HN:
three
趣味:
本、音楽、映画、格闘技
おすすめ商品
おすすめ商品
おすすめ商品
おすすめ商品
バーコード
NINJA
120%CRAAZY Produced by three
日めくりカレンダーBLUE Designed by がりんぺいろ
忍者ブログ [PR]