忍者ブログ
HOME > 東京寮暮らし > 東京寮暮らし4 草なぎ剛のドラマ「フードファイト」を思い出した RSS   Admin NewEntry Comment
少しイカレてるくらいがちょうどいい
午前十時頃、私は電車に乗っていました。

その日は休日でしたが、私は一泊二日の学校行事に参加することになっていたからです。

しかもその行事は、私と同じ専攻の人たちだけで行われるらしいです。

電車を一回乗り換えて目的地に向かいました。

窓の外に見えるのは……森と山だけでした。

ビルどころかコンビニも見えません。

まあ、キャンプ場に行くんだから当たり前なんですけどね。


駅に着くとそれらしい人が数人いました。

その人たちに誘導されるようにしてバスに乗り込み、キャンプ場へ。

バス内では、このキャンプの目的が話されました。

一つが友達作り、もう一つが講義の登録の方法です。

同じ専攻の友達ゼロの私には、本当にありがたいことでした。

本当は、友達作りよりも食費が浮くのがとても嬉しかったですけどね(・∀・;)

バスを降りると学生全員キャンプ場のロビーに集められました。

そこで部屋割りが発表されました。


同室の人とも仲良くなり、なんとか登録方法も知ることができました。

そして待ちに待った夕食の時間です。

友達と一緒の席に着くと真っ先に言われました。

「本当に食えるのか?」

その時、私の目の前にあったのは……。

大盛りのご飯。

からあげやトンカツなど肉料理がてんこ盛り。

サラダやフルーツが山盛り。



確かに多い量です。

普段は少食の私ですが、一万円も払ったんだからこれぐらい食べないと割に合いません。

食えるときにたくさん食っておく、それが私です。

カロリー? 体重?

もうそんなのどうでもいいです(・∀・)キニシナイ♪

そして食事の挨拶と同時に一気に料理を片付けていきました。

半分くらい片付けた頃、友達がぼやきました。

友「ヤベェ。欲張りすぎた」

私「あ、食わないならもらっていい(´〜`)モグモグ?」

友「……頼む」

友達の皿からからあげをもらうと胃袋に入れました。

そして再び自分の目の前にある料理を片付け始めました。

食事終了の時間には、ほとんどの皿が空っぽになっていました。

その日は、風呂に入って就寝。

おわり

読んでくださってありがとうございます<(_ _)>
人気ブログランキング

拍手[0回]

PR
postこの記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[380]  [381]  [379]  [377]  [376]  [375]  [374]  [373]  [372]  [371]  [370
カテゴリー
言ってはいけない 残酷すぎる真実
ブラック企業から残業代を取り戻す
進め!! 東大ブラック企業探偵団
不死の猟犬
ひらめき教室 「弱者」のための仕事論
作家の収支
残業税
江戸の少年
「好き嫌い」と才能
ゴールデンカムイ
小説 君の名は。
いなくなれ、群青
フーゾク店で彼氏はできるか?
七日の喰い神
ボーパルバニー
アーカイブ
アルファポリス
カウンター
人気ブログランキング

日本ブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
brogram
blogramのブログランキング
最新CM
[06/10 three]
[06/08 紅玉]
[06/06 three]
[06/05 紅玉]
[06/04 three]
[06/03 moon]
[05/17 three]
[05/16 紅玉]
[04/28 three]
[04/28 紅玉]
TSUTAYAonline
ブックオフオンライン
ブックオフオンライン
プロフィール
HN:
three
趣味:
本、音楽、映画、格闘技
おすすめ商品
おすすめ商品
おすすめ商品
おすすめ商品
バーコード
NINJA
120%CRAAZY Produced by three
日めくりカレンダーBLUE Designed by がりんぺいろ
忍者ブログ [PR]