忍者ブログ
HOME > 映記 > 映画「SHINOBI」 RSS   Admin NewEntry Comment
少しイカレてるくらいがちょうどいい
  • 2018.03≪
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • ≫ 2018.05
映画「SHINOBI」



原作:本『甲賀忍法帖』 山田風太郎 

監督:下山天 

出演:仲間由紀恵 オダギリジョー

   椎名桔平 黒谷友香 沢尻エリカ 他


1614年——。

初代服部半蔵との約束で、長きに渡って戦うことを禁じられ、憎しみ合って来た忍者の二大勢力・伊賀と甲賀。

しかし、伊賀鍔隠れの里の党首・お幻の孫である朧(仲間由紀恵)と甲賀卍谷の党首・弾正の跡継ぎである弦之介(オダギリジョー)は、秘かな愛を育んでいた。

ある時、徳川家康の命によって、伊賀と甲賀による五対五の忍術合戦を強いられた。

各五人のうちの一人に選ばれた朧と弦之介は、敵同士として戦う破目に……。

その戦いの目的は、次期将軍を決するためと言った。

だが、その指令の裏には、天下統一、泰平の世を目指す家康と側近・南光坊天海の“忍の根絶やし”と言う真の目的が隠されていた。

なんとしてもその戦いを回避させたい弦之介は、家康の元に行くことを伊賀に伝え、旅に出た。

弦之介と考えが同じ朧も戦いを避けたかったが、里の者たちや他の精鋭四人に考えを受け入れてもらえず、甲賀を追うことになる。

旅に出てからすぐに伊賀と甲賀の忍びがぶつかり合い、次々と命を落としていく。

そんなに激しいアクションシーンはないよ(´∀`)

キスして殺されたり他の人をかばって殺されたり……そんな感じ(・∀・)


そして最後に残った朧と弦之介の対決。

弦之介は、彼女にわざと刺されて死亡。

朧は、徳川家康がいる駿府へ行きます。

そして開始された二つの里への攻撃を中止してくれるよう家康に頼みます。

しかし、家康は「お前らは普通の民と違って、奇妙な秘術を持ってるから危ない」と言って聞き入れてくれません。

そこで彼女は、自ら両目を潰し、秘術を封印することでようやく聞き入れられます。

その後、265年続いた徳川の世をふたつの里は生き抜いたのでした。



読んでくださってありがとうございます<(_ _)>
人気ブログランキング


漫画『バジリスク』の方が面白い(・Д・)

アニメ版もあったような気がします。

拍手[0回]

PR
postこの記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[285]  [281]  [279]  [277]  [276]  [273]  [270]  [268]  [266]  [263]  [261
カテゴリー
カウンター
人気ブログランキング

日本ブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
brogram
blogramのブログランキング
最新CM
[03/23 three]
[03/19 紅玉]
[02/17 three]
[02/17 three]
[02/16 紅玉]
[02/16 紅玉]
[02/07 three]
[02/06 紅玉]
[01/24 three]
[01/24 紅玉]
プロフィール
HN:
three
趣味:
本、音楽、映画、格闘技
アーカイブ
NINJA
120%CRAAZY Produced by three
日めくりカレンダーBLUE Designed by がりんぺいろ
忍者ブログ [PR]