忍者ブログ
HOME > 雑記 > CHOCOLATE STRIPPER RSS   Admin NewEntry Comment
少しイカレてるくらいがちょうどいい
こんばんは。

ホワイトチョコレートが苦手なthreeです。

チョコレートは好きですが、どうしてもホワイトチョコレートは……。

その事を人に話した時、こんなことを言われたことがあります。

「それは、君が本当に美味しいホワイトチョコレートを食べた事がないから」

そうなのでしょうか。

単に私の食の好みではないでしょうか。

いえ、確かにこの人の言うことも一理あります。

スーパーマーケットで販売されているようなホワイトチョコレートは食べたことがあります。

けれども百貨店の地下食品売場で販売されているような高級品は食べたことがありません。

もしかしたら、私の舌を満足させるようなホワイトチョコレートが見つかる可能性だってあります。

ええ、私の舌は、スーパーで売られている板チョコで満足するようなレベルですからね。

どうか皆様、これこそ美味しいホワイトチョコレートという物がありましたら教えてください。

宜しくお願い申し上げます<(_ _)>


さて、本日は何の日でしょうか。

チョコレートに想いを込めて意中の相手に贈るイベント「バレンタインデー」です。

お菓子メーカーの販売戦略とか渡す方も貰う方も費用がかかる迷惑なイベントとか皆さま色々な考えをお持ちかと思います。

私個人としては、とてもありがたいイベントです。

普段、私は自発的にお菓子を買いません。

自炊をするので食品スーパーは、よく利用するのですけどね。

どうしても糖分を欲した時は、料理に使うための砂糖を舐めて凌いでいます( ゚д゚ )アマーイ

コンビニスイーツでもいいから買えばいいのに、と人から言われます。

しかし、10分も歩けばコンビニエンスストアが見つかる東京で生活していながら、生活圏内にコンビニエンスストアがありません。

冗談抜きで、ここ一年でコンビニエンスストアを利用した記憶がありません……。

ある意味、奇跡じゃないでしょうか。

コンビニエンスストアにお勤めの方、ぜひ出店開発候補地としてご検討ください。

まあ、近所にあると言えばあるのですが、自宅からも駅やバス停からも離れすぎていて利用しづらいのです(´∀`;)


前置きが長くなりましたけれども、今日は大学時代のお話です。

バレンタインデーは、それぞれの人がそれぞれの想いを込めてチョコレートを渡すイベントです。

愛情、友情、義理、打算、感謝、人情、義務感、想いは人それぞれです。

ある年の2月14日、バレンタインデー。

私は友人を探して大学構内を彷徨っていました。

メールで安否を……。

失礼、間違えました。

所在を確認したところ、講義で使われていない空き教室にいることが分かりました。

私「ハッピーバレンタイン!!」

柄にもなく、テンションアゲアゲで教室の戸を開けて入りました。

するとそこには、熱心にパソコンの画面を見つめる者、紙に何かを書く者、テーブルの上に何かを置いて並べる者がいました。

近づいてよく見ると、それは甘くて美味しそうなお菓子でした。

キレイな包装紙に包まれた箱や高級そうな紙袋、有名お菓子メーカーのチョコレートでした。

男1「GODIVAのチョコレート、756円」

パソコンを扱っていた男が画面を見つめながら言いました。

男2「○○さんから756円、と」

それを聞いた男が紙にメモを取ります。

男3「次、○○さんからGoncharoffのチョコレート」

テーブルの上に箱や袋を並べていた男がチョコレートの名前を読み上げます。

いったい、彼らは何をしているのでしょう。

見たところ、チョコレートの価格を調べていることは分かります。

しかし何のためでしょう。

男1「Goncharoffのチョコレート、540円」

私「何してんの?」

男1「バレンタインチョコの価格を調べてる」

私「それは、今日もらったやつだよね?」

男1「そうだよ」

友人は、新たに読み上げられたチョコレートをネットを使って調べ始めます。

私「なんでこんなことを?」

男1「ホワイトデーのお返しをする時にどれだけの金額の物を返せばいいか計算するため」

えぇー。

本気でそんなことをやっているんですか。

女性たちに見られたら「ケチくさい」「気持ち悪い」とドン引きされませんか?

私も気持ち悪いとは思いませんが、面倒くさそうと思ってしまいます。

中にはブラックサンダーやポッキーといった100円程度で買える物だってありますよ。

それらの価格まで調べるのでしょうか。

私「ホワイトデーのお返しなら500円から1000円くらいのを買って渡せばいいんじゃないの?」

私もアルバイト先の人やサークルの人からチョコレートをいただきました。

糖分摂取する機会の少ない私に与えられた貴重な栄養源です。

ありがたいことです。

義理や義務感で渡したとはいえ、ホワイトデーには必ずお返しを渡したいと思います。

男1「もらったチョコに対して最低でも2倍くらいの物を買わないといけないんだよ」

私「気持ちは分かるけど、そこまで正確じゃなくていいんじゃ……」

男1「お前は何も分かっていない!!」

私(えぇ~……)

それから彼らは、過去のトラウマとも言える昨年のバレンタインデーのことを語りました。

彼らが所属するサークルは、女性の部員がとても多いです。

女性の部員が多ければ、それだけバレンタインデーに用意されるチョコレートも多いです。

昨年も一人一人からチョコレートを渡され、ホワイトデーには一人一人にお返しを用意したそうです。

渡した時は満足していたようなのですが、部室で彼女達が話しているところを聞いてしまったようです。

「ホワイトデーのお返しがこれって」

「ちょっと安っぽいよね」

「ねー」

男1「だから今年はしっかりした物を返さないと」

私(…………)

男2「ホワイトデーには倍返しだな」

男3「だな」

これは「倍返しだ!!」という言葉がテレビドラマで放送される前の出来事です。

けれども、彼らは「倍返し」という言葉をすでに受信していたようです。

未来を予知していたのでしょうか。

それとも何者かによって洗脳されていたのでしょうか。

私(お返しは、金額が分かりにくいお菓子にしておこう)

彼らの姿を見て強くそう思いました。

それにしてもサークルの女性たちは、どうしてそれぞれがチョコレートを買って渡すのでしょう。

みんなでお金を出し合って500円くらいの物を人数分買って渡せば出費を抑えられるでしょう。

もしかしたら、サークルの中に意中の男性がいるのかもしれません。

それなら他の女性達といっしょに渡しては意味がないですね。

バレンタインデーは、様々な想いが込められたイベントですからね。

今日の教訓

「ホワイトデーは倍返しだ!!」

「贈り物は、金額の分かりにくい個人経営のお菓子屋さんのお菓子を


ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタンTwitterボタン


拍手[3回]

PR
postこの記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
[1373]  [1372]  [1371]  [1370]  [1369]  [1368]  [1367]  [1366]  [1365]  [1364]  [1363
カテゴリー
言ってはいけない 残酷すぎる真実
ブラック企業から残業代を取り戻す
進め!! 東大ブラック企業探偵団
不死の猟犬
ひらめき教室 「弱者」のための仕事論
作家の収支
残業税
江戸の少年
「好き嫌い」と才能
ゴールデンカムイ
小説 君の名は。
いなくなれ、群青
フーゾク店で彼氏はできるか?
七日の喰い神
ボーパルバニー
アーカイブ
アルファポリス
カウンター
人気ブログランキング

日本ブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
brogram
blogramのブログランキング
最新CM
[04/14 three]
[04/14 紅玉]
[04/13 three]
[03/09 three]
[03/08 紅玉]
[03/03 three]
[03/02 紅玉]
[02/11 three]
[02/10 紅玉]
[02/07 three]
TSUTAYAonline
ブックオフオンライン
ブックオフオンライン
プロフィール
HN:
three
趣味:
本、音楽、映画、格闘技
おすすめ商品
おすすめ商品
おすすめ商品
おすすめ商品
バーコード
NINJA
120%CRAAZY Produced by three
日めくりカレンダーBLUE Designed by がりんぺいろ
忍者ブログ [PR]