忍者ブログ
HOME > その他:か行の作家さんの記事 RSS   Admin NewEntry Comment
少しイカレてるくらいがちょうどいい
その他:か行の作家さん
『妖怪アパートの幽雅な日常2』 香月日輪(こうづき・ひのわ) 講談社文庫



妖怪アパートで半年住み、再建された学生寮で半年住んだ稲葉夕士。

彼は自分の居場所はやはり妖怪アパートなのだと思い、再び寿荘に戻ってきた。

妖怪、人間入り乱れた不思議な日常が再び始まった。

ある日、偶然手にした「魔導書」の封印を解いてしまい、妖魔たちを呼び出してしまう夕士。

彼は、同じアパートの同居人で霊能力者の女の子、久賀秋音に才能を見込まれ、霊能力アップの過酷な修行を始めることに……。

本『妖怪アパートの幽雅な日常1』

本『妖怪アパートの幽雅な日常2』

本『妖怪アパートの幽雅な日常3』

本『妖怪アパートの幽雅な日常4』

本『妖怪アパートの幽雅な日常5』

本『妖怪アパートの幽雅な日常6』

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
blogram投票ボタン ブログランキング

拍手[0回]

PR
『妖怪アパートの幽雅な日常 一』 香月日輪(こうづき・ひのわ) 講談社文庫



両親がいっぺんに死んで三年。

寮のある高校に入学し、やっと居心地の悪い親戚の家から出られることになった。

バラ色とはいわなくても、少しくらいマシになると思ってた。

あの日までは――。

主人公・稲葉夕士は、親友の長谷とほぼ本気の殴り合いの勝負をした後、お互いにがんばろうと声をかけあって親戚の家に戻ってきた。

清々しい気持ちで帰ってきた夕士にとても悪いニュースが飛び込んでくる。

それは、彼が入学することになっていた条東商業高校の寮が火事になったということだった。

そして夕士はいつの間にか電車に乗って高校のある鷹ノ台東駅に着いていた。

不動産屋をまわってアパート探しするが、予算の少ない彼にアパートを借りることはできなかった。

現実に打ちのめされ、なすすべもなく公園に来ると、一人の男の子が夕士の前に現れる。

そして「前田不動産」という店を勧めると、すぐにどこかへ消えてしまった。

不思議に思いながらも店に入り、店主に物件を紹介してもらう。

二畳の板間と六畳の和室。

南向き。

トイレと風呂は共同だが、賄いつき。

光熱費、水道代、賄い費込みで家賃二万五千円。

あまりに好条件すぎると思った夕士は、いわくつきか、と聞いた。

すると、店主は両手をだらりと垂らして、出るんだと言った。

だが、おばけなど信じていなかった夕士は、寮が再建される半年後までそこに住むことにした。

*文庫版限定特典として巻末に登場人物紹介もあります!

本『妖怪アパートの幽雅な日常1』

本『妖怪アパートの幽雅な日常2』

本『妖怪アパートの幽雅な日常3』

本『妖怪アパートの幽雅な日常4』

本『妖怪アパートの幽雅な日常5』

本『妖怪アパートの幽雅な日常6』


拍手[3回]

[1]  [2]  [3
カテゴリー
カウンター
人気ブログランキング

日本ブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
最新CM
[09/12 three]
[09/12 紅玉]
[09/12 three]
[09/12 u-mi]
[08/22 three]
[08/20 紅玉]
[08/15 three]
[08/15 u-mi]
[07/15 three]
[07/14 u-mi]
プロフィール
HN:
three
趣味:
本、音楽、映画、格闘技
アーカイブ
NINJA
120%CRAAZY Produced by three
日めくりカレンダーBLUE Designed by がりんぺいろ
忍者ブログ [PR]